トラコナという薬を飲んでいます

一年前くらいの話になります。足の親指の爪がいわゆる巻き爪になってしまい皮膚に食い込んで歩くのにも苦労する状態となってしまいました。近くに病院じゃないけど整骨院みたいなとこがあって巻き爪も診てくれるとのことで行ってみたら、これは爪水虫ですね。と言われました。

紹介された皮膚科で検査した結果、確かに爪水虫と診断されました。そういえば前から小指の爪もいびつに変形していたのですがそのせいだったようです。ほっとくとバスマットとかで家族にもうつることもあるそうなので注意が必要です。

塗り薬で治療するのかなと思っていたら、飲み薬で治療するとのことです。処方されたのが"トラコナ"という全く聞いた事のない名前の薬でした。イトラコナゾールとも言うらしいです。カビの仲間である真菌の増殖を抑える作用があるそうで、一種の抗生物質みたいなものでしょうか。

薬局でお金を払ったとき結構な値段がしたのでちょっとビックリしました。4千円弱くらいでした。
そしてこの薬の飲み方がちょっと変わっているのです。

一週間の間、毎日1回食後に3錠飲んで後の3週間は飲むのを休みます。1ヶ月を1クールとしてそれを3ヶ月から半年くらい繰り返すとのことです。パルス療法というやり方だそうです。血液に乗った薬の成分が爪に届いてじわじわと効いて行くらしいです。

最初の1ヶ月くらいはあまり変化は見られませんでしたが2ヶ月経った頃、爪の根元の方が明らかにきれいになりはじめました。そして繰り返すこと6ヶ月、見た目にも随分きれいになりました。完治したかと思いきや、爪水虫はかなりしつこいらしいので3ヶ月ほど様子を見てみようと言われました。

そして長くかかりましたがとりあえず完治しました。この出来事を通して、薬に興味を持ちはじめました。こんな、薬にうとい私ではありますが、医薬品のお仕事に興味を持っています。MR未経験者を採用してくれるのでしょうか。まずはそこからスタートして、もっと知識を習得したいと考えています。

子供に薬を飲ませるのが大変

私には五歳になる娘と二歳になったばかりの息子がいます。

上の子は気管支が弱くて、年中風邪をひいたりアレルギーになったりして、薬を飲むことが多いんです。

幼稚園に通っているので、やっとよくなったかと思うとまた別の菌の風邪にかかってまた病院で薬をもらって飲むということがしょっちゅうあります。

上の子が風邪をひくたびに必ず、下の子にも風邪がうつります。

風邪ではなくて手足口病だったり、ヘルパンギーナだったり症状が重い病気もうつったりするので本当に大変です。

上の子はもう五歳になるので薬を嫌がって飲むことはありません。

時々嫌がりますが、大泣きして絶対に飲まない!なんて駄々をこねたりはしません。

問題は下の子です。

二歳になったばかりの息子は薬が大嫌いです。

一度、苦い薬を飲んでからますます薬が嫌いになりました。

1日3回、薬を飲ませないといけないのですがその度に私は、緊張して機嫌を伺いながら飲ませないといけないのです。

息子は私が薬を用意する姿を見るだけで逃げ出してしまいます。

粉の薬を少量のジュースに溶かしてスプーンであげるのですが絶対に口を開けようとはしません。

これを飲んだらお菓子をあげるよ~!

と言っても頭の中はお菓子の事だらけになってしまってお菓子を早くくれと言ってもっと泣いてしまいます。

なので、泣かないように息子の機嫌を見ながら抱っこして、口が開いた隙をねらってスプーンの薬を流し込みます。

もちろん大泣きします。

これを1日3回も繰り返すんです。

一回飲ますたびに疲れきってしまいます。

海外のドラッグストア

海外に行くと必ずよってしまう場所がドラッグストアです。

最近ヒットしたものに、アメリカで買った胃薬があります。

疲れから胃が重たく,胸焼けしてる感じがあったので、探していたら、ボトルに入った物を見つけました。

色々な色のタブレット状で、フルーツ味とあり、まるでキャンディーのようなかわいらしい胃薬でした。

水なしで舐めて口の中で溶かすということで、試してみると、少し甘めで、昔駄菓子屋さんに売っていたような飴っぽかったです。

それでも、しばらくするとスッとして胃の痛みが消えました。

いかにも薬という感じもないので、とても気に入っています。

旅行中にはちょっと量が多いので荷物になりますが、それでも持ち帰ってきて、重宝して使っています。

基本的に海外の薬は日本人にはきついという印象がありましたが、この胃薬はそんなこともなく、優しい使い心地でした。

それと、現地の病気は現地の薬の方が効くと聞いていたことで、やはり、アメリカで花粉症が始まってしまって、鼻水とくしゃみでとても辛い思いをしたときにも、現地のドラッグストアで薦められた薬を飲んで、すぐに効きびっくりしました。

こちらは少し強いかなと思いましたが、何しろ、花粉症の症状がひどかったのでかなり助かりました。

日本では花粉症にならないのに、海外でなってしまって、だから、日本から持っていくことも考えていなかったので現地の薬でとても助けてもらいました。

ただ、海外の薬にはやはり日本人にはきつい物のあるので、場合によっては、タブレットを半分に割って飲んだり量を減らして飲むようにしないと、大変なことになるというのも体験済みです。

頭痛薬がやめられない

以前はそんなに頭痛はひどくなかったんですが、ここ数年頭痛がひどく、市販の鎮痛剤を服用しています。

しばらく同じ種類を飲んでいると効きが悪くなるので、たまにメーカーなどを変えています。

また風邪などをひいて病院に受診した際に鎮痛剤をもらうようにしています。

1回2錠飲む薬でも2錠では効かず、1時間ほど経過してからさらに追加で飲んでしまうことも。

いけないこととはわかっているんですが、頭が痛いのはどうしても耐えられないのです。ひどい時は朝起きた瞬間から始まります。

肩こりも多少ありますが、ここまでひどいと辛いなと検査をしてもらいましたが、結果は偏頭痛でした。

偏頭痛に効く薬があるんですが、意外と高く10錠単位で処方してもらおうと思っていましたが、とりあえず2錠貰いました。

すごくよく効いたんですが、さすがに続けられずまた以前の市販薬に戻ってしまいました。

辛い辛い偏頭痛、本当にどうにかしたいです。

また外出先で頭痛が始まったら困るので、常に頭痛薬と胃薬は持って歩いています。これがないと不安になるので、依存してしまってるんだろうなとわかってはいるんです。

それでもやめられないですね。

いままで様々な頭痛薬を飲んでみました。

CMをしていない頭痛薬が安くていいですね。

一番よく飲んでいるのは100錠で800円くらいです。

一回で2錠飲むので、1ヶ月ほどでなくなってしまいますが...

種類を変えてたまにCMしていたりする、ちょっと高い頭痛薬を飲んでしばらくしてまた元に戻す感じです。

とりあえず依存を治すのが先ですね。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。